片付けと収納の関係について考えてみます。

数ある記事の中からお読みいただきありがとうございます(^^

片付け×家計の整理アドバイザーのmeeです。


NHKスペシャル「密着ドキュメント 片付け~人生をやり直す人々~
を見ました。
知人がこんなのやってるよ!見た?と声を掛けてくれました。
まだ再放送あるからと。
情報を教えてくれた知人に感謝です(^^

とっても面白い、興味深い内容でした!

近藤麻理恵さん(こんまりさん)のメソッドに則り「お片付けコンサルタント」が
片付けられない方に付き添って片付けられない原因に迫っていく、というテーマ。
「片付け」は単なる「片付け」にあらず、という点は私も同様実感すること。

NHKオンデマンドで放映もしています



さて
あなたは「片付け」るときにまず、一番最初にすることは何ですか?



B7xzz3x5_400x400

まずは収納用品を買う、という方、要注意です!!


「片付け」たい=片付いていない状態にある、ということですよね。


最初に収納用品を買うと、

今現在の状態の物量が収納できる収納用品を買ってしまったり

全体の量が把握できていない、何を収納するのか(=定位置)を決めないままに
見た目やだいたい入りそうかな、といった目分量で収納用品を買ってしまいがちです。

また、生活動線を考えると、そもそもそこに置かないほうがいいという選択肢もあるかもしれません。


片付け、というとなんとなくモノを整理して、収納ボックスなどにしまうこと、
というイメージがあり、順番などあまり意識することは普段ないと思います。


でも、この片付けの順番がとても大切です。

片付けの手順

片付けの手順はこのようになります。
  1. 最適な量を知るため、すべてのモノを出します。


  2. 今使っているモノ・使っていないモノ・気に入ってはいないけど処分する判断がつかないモノ・処分するモノに分類します。自分に合った分類方法であれば、どんな分類でも問題なし


  3. 元の場所に収める定位置を決めていきます。ここで今そこにその「モノ」があることで、使いやすいのか、他にもっと最適な場所がないか、考えてみます。


  4. 定位置が決まったら戻していきます。戻すときにいよいよ収納用品の出番。取り出しやすさ、見た目など、自分の価値観にあった収納用品を選んでくださいね(^^♪


  5. 収納用品に収納していきます。ここで、改めて戻してみると、入りきらないことが判明するケースが多いです。改めてモノの全体量を見直す必要があります。本来は今後増えることも想定して7~8割くらいの量になっていることが理想

    でも難しければ、収納ボックス内は9割くらいで収まっていればOK


片付けと収納の関係とは?

最初に書いたように、「片付け」というとイコール収納用品を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。


45be4434f5dfc21e52be04de8292d8e0_s


でも実は、収納を考えるよりもっと大事なこと、それは
その場所でどんな過ごし方をしたいか、考えてみること、です。
あるいは廊下などの場合は、そこに何を収納すると使いやすくなるか考えてみること、です。


片付けること=毎日の生活を暮らしやすく、楽しくする♪ことに他なりません。

だから、漫然とモノを置いたり、ただそこにあるものを収納用品に収めても、
毎日の生活の質は上がらない、だからリバウンドしたりしてストレスになったり。
結果楽しくないですよね。


その空間をどう活かしたいか、
そのためには何が必要で、何が不要なのかを見極め、最適な量を自分自身で知ることが重要です。

片付けにおいて、収納は最後の最後、

片付け=収納
ではなく、

片付け>収納
なのです。



まずはそこに何を置きたいのか?考えてみませんか




1Dayまるごと片付けプラン やっています
一日で対象の場所を集中的に片づけるプランです。
(内容)ヒアリング・コンサルティング1時間+片付けサポート2時間~






にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(40代女性)へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ
収納・片付け