彩りを加えるため、フレームを配置しました。最適な配置とは?

数ある記事の中からお読みいただきありがとうございます(^^

片付け×家計の整理アドバイザーのmeeです。

キッチンの収納スペースの
最も手が届きやすい大人の腰の高さくらいの位置に
カウンターを作りつけています。

大人が背伸びせず、かがまずに
手を伸ばせる収納の「ゴールデンゾーン」に当たるカウンターです。

収納ゴールデンゾーンは出し入れがしやすいため、
その「場所」をよく使う人にとって使用頻度の高いモノを置くと
生活導線が良くなります。


我が家ではその作りつけカウンターに
キッチンの中でも使用頻度の高いモノを中心に置いています。

キッチン奥から
  1. 電子レンジ
  2. トースター
  3. レシピ本
  4. フルーツバスケット&コーヒー豆
  5. コーヒーメーカー
の順です。

IMG_20190217_200744-1432x1051


ちなみに
フルーツバスケットには季節のフルーツを置いています。
IMG_20190219_204727-836x805

あまり冷えすぎたフルーツが好みではないため、
常温で置いておくのにちょうどよい布製の温かみのあるバスケットです。



以前もご紹介しましたが、
Sostorene Grene(ソストレーネ・グレーネ)はデンマークのライフスタイルブランドで、
カラーリングも少し渋めの大人好みの色が揃っていて、とても素敵です。

特にハンドメイド系の材料や文房具類などが充実していて、見ているだけで楽しいです。

クリスマスリースの飾りに
わたしの暮らし方



話がそれました。

このカウンターから上部のくり抜かれた空間は、
  • 奥行きが45cm
  • 高さが60cm
あります。


奥行も高さもしっかりあるため、
バスケットの上部がポッカリと空間が空いていて少し殺風景なことに改めて気づきました。


最近特に「空間」を意識するようになりました。

そのきっかけについては
こちらの記事をよろしければご覧ください。


(関連記事)

【60代を中心とした世代に向けた片付け】天沼寿子さんのコメントが深イイ
わたしの暮らし方



そこで、リビングに併設する小部屋に飾っていた3枚の絵の1枚を
このフルーツバスケットの上に飾ってみることにしました。


利用したのは100均で購入したクラフト用のステンレスワイヤー。

wire
※写真撮り忘れたので楽天からお借りしています。

細いので、遠目にみると意外と目立ちません。
ワイヤーを壁掛けのヒモ代わりに使い、透明のピンで止めました。



その際に飾る位置に少しだけ気をつけました。


横のファイルボックス・コーヒーメーカーと高さを揃えて、
ちょうどフルーツバスケットのだいたい真上になるようにピンを止めてみました。

IMG_20190217_202630-883x18432


赤線取るとこんな感じになります。
高さや幅を周囲にあるモノと合わせることで、違和感なく収まっています。

IMG_20190217_202630-883x1843




空間が殺風景な雰囲気からすこしだけやさしい雰囲気に変わりました。

IMG_20190217_202532-1289x883


額面が反射してよく見えませんが、
こんな絵になっています。

IMG_20190219_214420-761x1053

こちらはリサ・ラーソンの↓↓↓を使っていて、
実は裏面は便せんになっています。












にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(40代女性)へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ
収納・片付け