数ある記事の中からお読みいただきありがとうございます(^-^

何歳まで働きたいのか


本日の日経新聞のWeb掲載記事で、
厚生労働省は
公的年金の受け取り開始年齢を
ついに!75歳まで引き下げる方向で調整に入ったという情報がありました。


f1c9474e1b2b6064ad61717d3f00acaf_s


毎月の支給額は
65歳支給の約2倍だそうです。


自分や家族の健康と、
親の介護などによって
大きく事情は変わってきそうですが、


70歳を越えて働きたいと考えるひとは 
増えているとのこと。


実際、私自身も、
働くことが大好きで、
社会とのつながりをずっと持ち続けたいと考えており

可能であれば
80歳まで働きたい!
と思っています。


できれば、本当に可能ならば・・・
日野原重明さん(元聖路加国際病院名誉委員長)のように
生涯現役でありたい。

712523a7f69a2b3ceddc669c2c33620d_s


FIRE運動ってなんだ

とは全く逆の考え方ですね。
40歳で引退する、

1つの
ムーブメントとして
FIRE運動は気になっていますが、

私自身は引退したら1週間で飽きてしまいそう・・・

それ自身修行がたりないというしかないのかもしれませんが、、、



逆算してライフイベントを考えてみる


何歳まで働きたいかはっきりしたところで、
次に考えること、それは


そこまで働き続きけることで
起こりうるライフイベントをどう乗り越えていくのか、
ということです。

ある程度の
シミュレーションしていく必要があると感じています。



例えば親の介護が生じたときに、
  • そのまま働き続けることができるのか
  • 少し肩の力を抜いた働き方をその時選択するのか
  • 介護で地元に戻っていても
   リモートワークである程度の仕事ができるのか

33ba0c345afa533eb56f393adda8f74d_s



またライフイベントではありませんが、
自分自身通勤が難しくなったら、
  • 自宅で仕事を継続する手はあるのか
  • 自宅の近くにあるコミュニティスペースで働くことはできるのか
326b700e82e648184141e299211ca60e_s


普段の生活に不安を覚えるようになったら
自宅を手放そうと思ったら
  • 同じような職能・働き方をする人たちで見守りサービスを導入して
   シェアハウスで暮らせないか

  • 一つの仕事を分担して請け負いながら品質を確保した仕事ができないか


もう少し楽しい空想するなら
  • 気ままに離島に長期滞在しながらフルリモートで働けないか
15a3636ea6593e9ef6766ffea8ca5e7f_s


などなど


自分ひとりではできませんが、
そのような働きやすい環境が整っていれば
細く長く働くことができるのかなと考えています。


また、来るべきライフイベントに備えて
特に60歳以降の働き方を
自ら前向きに「選び取る」ために
今のうちから少しずつ準備しておきたいなと思っています










にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し
にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ
にほんブログ村