数ある記事の中からお読みいただきありがとうございます(^^
e7acb2c2b966eb7bd8976f6db0671490_s


サラリーマンの平均年数の過去推移を
国税庁の民間給与実態統計調査で見てみると



過去10年間、ほぼ横ばい、
ということがわかります。

toukei


あくまでも平均ですし、
正規雇用・非正規雇用を含んでおり
給与所得者に限った金額ではありますが、



日本の景気がしばらくの間停滞していることがわかります。



2008年のリーマンショック以降、景気は回復しているとはいえ、
家計の実態として景気が上向いていることを実感しているご家庭は
少ないのではないでしょうか。



いろいろな立場の方がいらっしゃり、
一概に言い切ることはできませんが、



今現在、給与所得を得ていて、
さらにお金を稼ぐ、ということは
非常に難易度が高いことだということは
容易に想像がつきます。



一方で、
Googleのキーワードプランナー(どんなキーワードで世の中の人が検索しているかを知るツール)で



「お金」「稼ぐ」
というキーワードで調べてみると、


ダウンロード (4)


月間の検索ボリュームは
1万〜10万件


「副業」というキーワードでは
10万〜100万件!


も検索されています。

okane


それだけ、

お金を余分に稼ぎたい、

と考えている人が多い証拠だと思います。







「稼ぐ」ことよりも
「減らさない」ことのほうが重要



給与所得世帯で「稼ぐ」というのは
先程のグーグルのキーワード検索の通り、
「副業」ということになり、



それ程たやすくできることではありません。


例えば
よく耳にするインターネットの副業は

インターネットのスキルがある方にとっては容易なことかもしれませんが、

大多数の人にとっては簡単なことではないはず。

ダウンロード (3)



そう考えると、


お金を「稼ぐ」ことよりも

お金をムダに「減らさない」意識のほうが重要な気がします。



お金を稼ぐには1か月かかるかもしれない。
でもムダ遣いを減らすことは明日からでもできます。




「高所得貧乏」という言葉があります。



所得が多いと
その分、交際費や食費などがかさんで
支出も多くなる傾向にあるといいます。



高所得世帯は
教育費もかかる傾向にあります。



浪費なのか、必要な費用なのかは
それぞれの価値観で異なりますが、



支出を控えること


ケチケチすること




ではないと思います。



あくまでもメリハリが大切。


絶対に譲れないことは
続けてもいいけれど


ダウンロード (5)


例えば通勤途中で
日買っているコーヒーをやめて
会社でドリップを入れてみる、


とか
小さいけれど、できることは
意外とあります。



当たり前だと思っている支出を見直してみませんか。



今のうちに
家計をダウンサイジングしておくと、



のちの年金生活に無理なく移行できるのでは?
と密かに考えております







にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(40代女性)へ
にほんブログ村